歴史・創業者の理念

more than
  • 1
  • 3
  • 0
years

ボッシュを知らないと
もったいない7つの理由

設立から130余年。
今もなお受け継がれる創業者の信念。

1886年、ロバート・ボッシュが25歳のときに2人の仲間と立ち上げた小さな町工場から、ボッシュの歴史がはじまりました。1897年に手掛けた自動車エンジン用のマグネトー式低圧点火装置を皮切りに次々と技術革新を起こし、事業は飛躍的に拡大。新たな領域にも果敢に挑戦し続け、世界中に拠点を置くグローバル企業として成長を遂げるまでに至ったのです。また当時は画期的だった1日8時間労働制の導入をはじめ、1936年にはシュトゥットガルトに病院を設立するなど利益だけを追い求めるのではなく、企業の社会的責任に対してロバート・ボッシュは向き合い続けました。「信頼を失うくらいなら、むしろお金を失った方がよい」という彼の強い信念は、今もなおボッシュ・グループ全体に受け継がれており、製品開発、事業展開、慈善活動などあらゆる面での指針となっています。

歴史<br>・<br>創業者の理念
ボッシュを知らないともったいない
7つの理由
規模感
独自の経営体制
技術力
IoT&Industry 4.0
ダイバーシティ
歴史・創業者の理念
ワークライフバランス

採用情報